低用量ピルの効果って?正しく理解して安全に取り入れよう

ヘルスサービスのお仕事って、妊娠しないか不安…

風俗のお仕事をしたことがない女性なら、ヘルスサービス系のお仕事ってエッチなことをするから、妊娠してしまうのではないか?と心配になりますよね。

実際、ヘルスサービス系のお仕事では挿入行為まではせず、「素股」という疑似挿入行為でフィニッシュを迎えるので、妊娠してしまう可能性は限りなくゼロに近いです。

ですが、この「素股」も間違ったやり方をしていると妊娠してしまう可能性もなくはありません。

ヘルスサービスのお仕事をする女性にとって、やはり妊娠のリスクは付き物。

そこで、避妊の為に「低用量ピル」を服用している女性も中にはいるようです。

低用量ピルとは

低用量ピルとは、2種類の女性ホルモンによって作られている薬剤です。

低用量ピルは避妊を主な効果としており、毎日1回服用すれば99%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。

避妊以外にもさまざまな効果をもたらし、PMSの軽減・ニキビ・肌荒れ・生理痛・生理不順の改善など、女性の悩みに嬉しい効果をもたらしてくれます。

日本では主に産婦人科で処方されますが、欧米ではドラッグストアでも購入できる一般的な薬剤となっています。

低用量ピルの避妊効果はトップクラス

低用量ピルの避妊効果はコンドームよりも高く、コンドームの避妊効果が約85%なのに対し低用量ピルは99%となっています。

よくアダルトビデオでAV女優さんがパフォーマンスとして中出しをされている場面がありますが、AV女優さんも低用量ピルを服用しています。

どうしても妊娠してしまうことが心配なのであれば、低用量ピルを取り入れてみるのもひとつの手ですね。

低用量ピルを飲んでいるからといって、コンドーム未装着でのセックスは性感染症の危険があります。感染症予防のためにも、なるべくコンドームを装着するようにしてください。

低用量ピルの避妊効果はいつから?

低用量ピルを服用して避妊効果を得るためには、最低でも7日間連続して正しく服用する必要があります。

また、飲み始めの場合は1シート目は効果が不安定なこともあるため、コンドームなど別の避妊方法を併用することがおすすめです。

低用量ピルを飲んだら一生妊娠しないの?

低用量ピルを一度飲んでしまったら一生妊娠しないの?

いいえ、そんなことはありません。

低用量ピルの服用をやめると、排卵などが回復してまた妊娠しやすい身体になります。

低用量ピルを内服していても、「妊娠したい」と考えたときに内服をやめれば、数か月程で排卵が再開します。

「今はしっかりと避妊しておきたいけど、将来的には赤ちゃんが欲しい」という女性でも、低用量ピルは問題なく使えるようですね。

低用量ピルの副効果

低用量ピルを避妊目的以外で服用する女性も多いです。

低用量ピルには、女性に嬉しいさまざまな副効果があるのです。

主な 副効果 には、下記のようなものがあります。

低用量ピルの 副効果
  • 生理痛・生理不順・排卵痛の改善
  • PMSの改善
  • ニキビ・肌荒れの改善
  • 卵巣がん・子宮体がんの予防
  • 生理を早めたり遅らせたりすることができる

こういった効果があり、生理痛の重い女性などは低用量ピルを服用して症状を軽減させているという場合もあります。

また、生理を早めたり遅らせたりすることができますので、急なイベントや予定に合わせて服用するという場合もあります。

低用量ピルに副作用はあるの?

嬉しい副効果のある低用量ピルですが、飲み初めには副作用が起こることもあります。

以下のような症状が出る女性も多いので、低用量ピルを検討している女性はチェックしておきましょう。

低用量ピルの副作用
  • むくみ
  • 吐き気
  • 血栓症
  • 不正出血

上記のように、妊娠初期症状に似たような症状が出る場合が多いです。

むくみは大体1~2か月で症状が落ち着く場合が多く、飲み始めの吐き気も数か月でおさまることがほとんどです。どうしても辛い場合は市販の吐き気止めを一緒に服用してみても大丈夫です。

不正出血はおよそ20%の女性に見られ、珍しいことではありません。
低用量ピルを飲み続けることによってなくなることがほとんどです。

また、血栓症が起きるのは1万人のうち3~9人と低い割合ですが、ピルを内服していない女性でも1万人に1~5人起こるとされています。
気になる症状があったときは産婦人科などで相談してみてください。

緊急の場合はアフターピル

妊娠リスクのある行為をしてしまった後に服用できる薬剤として、「アフターピル」があります。

アフターピルは性行為の後に内服できる薬剤ですが、低用量ピルに比べて避妊効果は落ちる場合があります。

そのため、アフターピルだけに避妊を頼るのはNG。
アフターピルはあくまでも最終手段と考え、日ごろからしっかりと避妊をしておきましょう。

正しくピルを理解して取り入れてみるのも◎

低用量ピルには効果的な避妊のほか、女性にとって嬉しい副効果もあります。

ですが、飲み初めにはある程度体に異変が起こることもありますので、正しく理解して十分に検討しましょう。

妊娠は女性にとっての大きなリスクです。

正しい避妊方法で、自分の身体を守るようにしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です