日本の女性は我慢しすぎかも。月にどれくらい収入があったら幸せに生きられる?

女性の月収は15万円~25万円ほど

正社員・派遣社員・アルバイト等…働く女性のほとんどの方は月々の手取りのお給料は15万円~25万円程です。
月々に手取りで25万円以上貰っているという方は、日本人女性の中では高収入に分類されるのではないでしょうか?

中には15万円以下のお給料でやりくりをしている女性もいらっしゃいますが、それはかなりの節約上級者ですし、決して贅沢はできません。

そもそも、女性は月にどれくらい収入があれば幸せに生きられるのでしょうか?

女性が幸せに生きるには?

女性が最低限不自由なく幸せに生きるためには、月々どのような出費が必要になるのでしょうか?

今回は、都内で一人暮らしをする20代の女性をモデルとして算出しました。

家賃 85,000円

実家にいると学校や仕事場が遠かったり、なにかと煩わしいものがあるので一人暮らしを考えるのではないでしょうか?

地域にもよりますが、都内ですと一人暮らし用のマンションでも最低85,000円程の家賃が必要になります。

水道・光熱費 10,000円

生きていく上で必ず必要になる出費です。

夏場や冬場はエアコンをつけっぱなしにしたり、お風呂を沸かしたりするのでもう少し跳ね上がるかもしれませんね。

携帯代 10,000円

こちらも必ず必要になる出費です。

携帯が止まってしまっては、職場や友達・恋人と連絡が取れなくなってしまいます。

食費 50,000円

外食が多い方やフードデリバリー・コンビニをよく利用する方は、これくらいの出費になるのではないでしょうか?

交際費 55,000円

友達と飲みに行ったり、恋人とデートしたり…遊びに行くだけでも、結構なお金がかかります。

恋人や友達の誕生日があったり、旅行に行くイベントなどがある場合はもう少し跳ね上がります。

美容費 50,000円

スキンケア、デパートコスメ、エステ、美容皮膚科など…毎月かなりかかります。

ファッション費 50,000円

新作が出たら、いち早くチェックしたいですよね。

服は毎日着なければならないし、お仕事でも必要になります。
何着あっても足りないくらいでしょう。

交通費 10,000円

疲れた時や終電を逃した時、ついついタクシーを使いたくなりますよね。

公共料金のチャージ残高も、いつの間にか減っています…。

奨学金の返済費 30,000円

かなり痛い出費です。

趣味費 100,000円

女性は癒しがないと生きていくことができません。
そのため、趣味に使うお金は必須!

最低でも10万円、月によってはもう少しかかるという方もいるかもしれませんね。

特別費 50,000円

突然の冠婚葬祭などで、急な出費が必要になることもあります。

特に20代後半の女性は友人の結婚ラッシュで、御祝儀がバカにならないなんていう月もあるのでは?

まさかの合計50万円!!

手取りのお給料が25万円だったとしても、25万円も足りません…

足りない分は副業でカバーしている

全っっ然足りないじゃん!
これ私みたいにアイドルを追っかけてる子とか、ホスト通いの女の子ってどうやってお金やりくりしてるの?

足りない分は副業で補うのが普通だよね

最低限でも、女性が幸せに生きるには月に50万円程は必要…ですが、月にお仕事一本の手取りで50万円貰える女性は、20代~30代の女性ではほとんどいないと言っても過言ではないでしょう。

そこで、足りない分は副業で補っているのです。

sanmarusanでも、お仕事をしている女性でも空いた時間に副業が可能。

  • 今月あと5万円だけでいいから稼ぎたい
  • 美容クリニックの施術を受けるのに20万円必要
  • 月に自由に使えるお金を増やしたい

そういった女性にピッタリなんです。

sanmarusanなら、面倒な面接は必要なし、履歴書不要でいつでもどこでも簡単にお仕事を始めることができます。

しかも、報酬はsanmarusanに引き抜かれることはなく、100%受け取ることができます。

5万円のお仕事をすれば、5万円まるまる稼げてしまうのがsanmarusan♪

sanmarusanで月の収入を増やして、心に余裕のある生活を始めませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です