『色気』と『下品』の違いわかってる?アラサーからの正しい『色気』の出し方

『色気』はお仕事でも女性としても必要不可欠

若い時はキャピキャピしているだけで稼げたけど、アラサーと言われる年齢ともなるとただ可愛いだけでは物足りず…

そろそろ、色気欲しい

なんて女性の多いのではないでしょうか。

色気は、お仕事をする上でも、女性としても必要不可欠です。

色気のある女性は、お仕事でもプライベートでもモテモテなのです。

ですが、具体的に『色気』ってどういうものを言うのでしょうか?

色気のある女性とは

では、具体的に色気のある女性を思い浮かべてみましょう。

  • 壇蜜さん
  • 松本まりかさん
  • 田中みな実さん
  • 井川遥さん
  • 人妻
  • クラブのママ

などなど…なんとなく、大人で上品な女性というイメージがありますね!

決して若くてキャピキャピというわけではないのに、どこか魅力的な彼女たち。

色気のある女性の、具体的な特徴に迫っていきましょう。

履き違えてない?『下品』との違い

まず、理解していただきたいのが、『色気』と『下品』はまったくの別物ということです。

よくあるのが、色気を意識しすぎたあまり、色っぽい仕草や色っぽい見た目を追求しすぎて下品になってしまうパターンです。

例えば…

  • セクシーすぎる服装
  • クネクネした仕草
  • 上目遣いで見つめる
  • 髪を何度もかき上げる
  • 胸の谷間を強調しすぎる

こういったことは、やりすぎるとただの下品な女性になってしまいます!

とはいえ、色気を出さなさすぎても「堅い女性」というイメージを持たれてしまいますので、それはそれで致命傷。

色っぽい仕草は、あくまでもさりげなく少しだけ出すようにしましょう。

正しい『色気』とは

では、男性目線での正しい『色気』とはどういった風に出せるのでしょうか?

具体的な仕草を挙げていきましょう。

色気のある仕草
  • おっとりとした優しい話し方
  • 物を丁寧に扱う仕草
  • 寄り添って話を聞いてあげる包容力
  • 男性のかっこ悪さを受け入れてあげる優しさ

というものが、男性の求める『色気』になります!

先程挙げた色気のある女性のイメージにも当てはまりますよね。

具体的には、

仕草は優しく、ゆっくり、丁寧に。

心は優しさと包容力を身に付ける。

ということが、色気を身に付ける近道になります。

ちなみにこれ、プライベートの恋愛でも使えますので、身に付けておいて損はありません♪

色気を身に付けて、sanmarusanでガッツリ稼いでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)