風俗求人について|Hなお仕事で新しいエロスな変態部分を見つけて高収入バイト求人をしませんか?

体験女性の声

人気ランキング

風俗求人について
風俗求人について
若い女性に広がる貧困が増えています。
さらに年々深刻な状況に陥っているのが、10代、20代のシングルマザーです。
今、20代のシングルマザーのうち、およそ80%が、年収114万円未満の貧困状態に置かれています。
たとえば、4歳と2歳の息子を育てている20代の女性は時給800円でフルタイムで働いて、収入は月10万円ほどです。
母子家庭に支給される、およそ4万円の手当などを加えて、なんとか家計を維持しています。
実際、非正規で働いてらっしゃる方たちは、最低賃金ぎりぎりで働いてる方もたくさんいらっしゃって、
日本の最低賃金低いですので、そこでフルタイムで働いたとしても、かなりぎりぎりの生活であると。
同様に、非正規雇用の男性たちも、最低賃金ぎりぎりで働いていたり、そういう状況ですので、なかなか社会が階層化されていて、
先ほど言いましたように、非正規の女性は、非正規の男性としかなかなか出会えないというような、生活空間が隔絶されてしまっているので、
じゃあ、こうした同じ給与どうしで働いて、実際非正規なので、産休、育休取れない中で、子どもを産んで育児ができるかと言われると、
無理だな、冷静に考えるととても無理だというふうにお感じになるのは、実際、社会の状況を反映したものなので、しかたないのかなという感じがしています。
実際は女性というのは、多くが結婚をすれば、男性が1人稼ぎ手になって養うので、なんとかなると考えられてきました。
ところが今、若い人全体の賃金が下がっている。また男性でも、非正規雇用の方々が増えています。
実際、非正規雇用の男性の、結婚をしていない率、未婚率が高くてですね、家庭を養うだけの収入を得られない、
そのまま未婚のままであるという男性が増えてきているということで、加えて女性の貧困というのも、はっきりとしてきたというところがあると思います。
女性たちというのは、もともと働き続ける女性というのは、正規でバリバリ働いていくタイプの人たちばかりだったと思うんですけども、
実は今、もっと貧しい人ほど、働き続けなくてはならないという時代が来ているんだと思います。
上がらない給料、少子高齢化、物価の上昇、増税など、とてもじゃないけれど好景気とは思えません。
実際、日本の貧困率は先進国の中でも上位であり、中高年、高齢者よりも若年層の貧困化がより顕著です。
つまり、貧困化によるしわ寄せを受けているのが20代~30代の若者なんですよね。
今後さらに少子高齢化が進むと予想されているため、より生活は厳しくなるはずです。
いくらマスコミが「好景気!好景気!」と騒ごうが、私にはどうもそうは思えません。
会社に勤めていたって給料は上がらないし、事実年々非正規雇用者は増える一方。
実際、平均年収もだだ下がりな現実がありますよね。
ただ、政府としてはどうしても若者を冷遇せざるを得ない理由があるのだということだけは分かります。
すでに少子高齢化が進んでいる以上、今の日本には若年層が少なく、中高年や高齢者の数の方が圧倒的に多いです。
そんな中で若者を優遇し、中高年や高齢者を冷遇してしまえば、当然選挙の際に票がもらえなくなってしまうわけですよ。
中高年や高齢者の数の方が多いのですから、より票を集めるためにはそちらの方を優遇した方が断然有利ですからね。
だから政府は中高年や高齢者に支持されるような施策ばかりを行っているわけで、より中高年や高齢者は生きやすく、逆に若者は生き難い社会が出来上がって来ているということ。
政治家としての戦略としては間違っていないのでしょうが、そのしわ寄せをされる私たち若者にとってはたまったものではありませんね。
若者の給料の減少により消費も回りませんし、それが未婚率の増加にも繋がり、さらに子供の減少にも繋がってきます。
よりお金を使ってくれやすい若者にお金を与えた方が景気が良くなると思うのですが、そうしてしまうと上記にも書いたように「選挙の際に不利になる恐れがあるからやらない」ということだと思います。
「若者を冷遇=未来を担う人材の冷遇」であるため、日本の未来は暗いですね。
ただ、いくら嘆こうが状況が変わる見込みなんてもうほぼ無いため、この沈みゆく国日本でどう生き残るかを考えた方がいいでしょう。
そんな貧困化が進む若者ですが、傾向としてはやはりブラック企業であろうと働き続けようとしてしまう人が多いことが挙げられます。
まだまだ会社という組織に属したばかりなため、「それが当たり前」「みんなそうだから」「これが社会人というものなのだろう」みたいに思ってしまう人多く、多少は仕方のない部分もあります
ですが、そんなブラック企業で働き続けていてもリスクしかないんですよね。
ブラック企業というのは「薄給・長時間労働・サービス残業・パワハラ・休みが少ない・過剰なノルマ・雑務ばかりでスキルアップできない」などといった特徴を持つため、そんな会社で働いていてもただ時間を浪費するだけです。
冒頭でもお話したように今の日本はどんどん沈没していっている船みたいなものなので、今からできるだけ将来のために貯金なりスキルアップなりしていくしか生き残る術は残されていないんです。
薄給やサービス残業ばかりな会社では当然貯金ができませんし、休みが少なかったり長時間労働が蔓延している会社では自分の時間が確保できません。
パワハラが蔓延している会社では精神を病んでしまいうつ病になる恐れがあり、もしなってしまえば1年くらいは働きたくても働けない状態になってしまいます。
過剰なノルマもまた然りで、プレッシャーやストレスにより疲弊していくだけですね。
また、沈みゆく日本で生き残るためにはスキルアップなどで自身のスキルを磨き手に職をつけていくしかないのですが、雑務ばかりの職場では当然そういったことも不可能です。
将来的にキャリアアップが望めない、または十分な給料と昇給が見込めないブラック企業からはさっさと立ち去る選択をした方がいいでしょう。
こんな世の中であるため、当然「正社員になれたからそれで終わり」では生き残っていけません。
大学に入学することだけが目的になってしまっている高校生が入学後に勉強しなくなるのと同じように、正社員になることが目的である人は入社後にただ言われたことだけをこなせばいいとしか思っていない人が多いです。
そういう人は意欲的に学ぼうとしないため当然スキルアップのスピードも圧倒的に落ちますから、将来的にキャリアを積んでより良い給料がもらえる会社にキャリアアップする道も閉ざされてしまいます。
そうなってしまえば、いざ会社の経営が傾きクビにされてしまったり、会社自体が倒産してしまった場合はどうするのでしょうか。
今の時代は終身雇用なんてとっくに崩壊していますし、大企業ですら倒産する時代です。
ただ上からの指示に従っていた人は他社でも通用するようなスキルを持っていない人がほとんどなため、転職先でさらに年収が低下する恐れがありますね。
何にも考えずに「ただ働いていました」という人は、転職市場で圧倒的に不利なんです。
こういったことを防ぐためにもこれからの時代は手に職をつける必要があり、きちんと技術が学べる会社で頑張るか、自分で勉強して資格などを習得していくしかありません。
もちろん、風俗アルバイトで働く方法もあります!
そして、風俗店の求人広告にも変化があり、寮あり、食事あり。託児所完備。シングルマザー歓迎など高待遇になっています。
今、貧困状態に置かれた女性のサポートをうたい文句にする、風俗店が増えています。
客が支払った料金のうち、4割が店に入る仕組みです。
ここ数年、生活の苦しい10代、20代の女性や、シングルマザーが、特に目立ってきているといいます。
店では、子どもを預ける託児所と提携し、その費用を負担。
風俗店の中には、託児所を自前で運営しているところもあるといいます。
仕事の前には、店が提携する託児所に娘を預け、週5日、昼から夕方6時まで働いて、月の収入は30万円。
稼いだお金の大半は、子どもの将来のために貯金している女性も増えています。
シングルマザーが働ける場所である風俗アルバイトは普通のアルバイト感覚で働いている女性が多いので、未経験でもお仕事しやすいです。
風俗のお仕事にはホテルヘルス・デリバリーヘルス・高級ヘルス・イメージクラブ・マットヘルス・ファッションヘルス・ソフトSMクラブ・VIP会員制クラブ・ソープランドがあります。
1日体験することができますので、みなさん1日体験してから判断していますよ。
誰にも相談できない高収入バイトのお悩み、打ち明けてみませんか?
今すぐ相談する
お役立ちコラム

とりあえず登録だけでもOK!
24時までのお電話で当日勤務可

LINE: GIRLSNAVI

体験女性の声

人気ランキング

© 【GIRLS-Hnavi】Hなお仕事高収入風俗求人
閉じる